西洋史学研究室:国際ワークショップのお知らせ(11月23日開催) 2010年11月23日開催


科学研究費補助金・基盤研究(A)「ヨーロッパ・地中海世界における異宗教・異宗派間の相剋と融和をめぐる比較史研究」(研究代表者:深沢克己[東京大学西洋史学研究室])のプロジェクトの一環として、第1回国際ワークショップを開催いたします。日程・会場・プログラムは以下のとおりです。

 

Program of the first international workshop organized for the research project 2009-2013

Religious Conflict, Religious Concord in Europe and the Mediterranean World”

「ヨーロッパ・地中海世界における諸宗教の相剋と融和」第一回国際ワークショップ

         

Date and place: Tuesday 23th of November 2010, 09:00-18:30

 University of Tokyo (Hongo Campus), Sanjo Conference Hall, Conference Room 201-202

開催日時=1123日(火)09:00-18:30

開催場所=東京大学(本郷)山上会館201-202会議室

 

Program:

 08:40-09:00 Reception of participants

 09:00-09:10 Introduction by Katsumi Fukasawa (University of Tokyo, leader of the research project)

開会の挨拶 深沢克己(東京大学)

 

 09:10-10:40 Febe Armanios (Middlebury College, Vermont, USA):

  “Negotiating Religion and Identity: Coptic-Muslim Interchange in Ottoman Egypt”.

Commented by Asuka Tsuji (University of Tokyo)

フィービ・アルマニオス

「宗教とアイデンティティの交渉—オスマン期エジプトにおけるコプト教徒と

ムスリムの互換的関係」

同報告へのコメント 辻明日香(東京大学)

 

 10:40-10:50 Coffee break             休憩

 10:50-12:20 Benjamin Arbel (Tel Aviv University, Israel):

“Roman Catholics and Greek Orthodox in Venetian Overseas Colonies 

during the Early ModernPeriod”.

Commented by Hiromi Saito (Shinshu University)

and Yutaka Horii (Doshisha University)

ベンヤミン・アルベル

「近世ヴェネツィア海外植民地におけるローマ・カトリック信徒とギリシア正教徒」

同報告へのコメント 齊藤寛海(信州大学)、堀井優(同志社大学)

 

 12:20-13:30 Lunch            昼食休憩

 

 13:30-15:00 Maria Ghazali (University of Nice, France):

“The Moriscos: Life and Tragedy of a Spanish Minority Expulsed

at the Beginning of the 17th Century”.

Commented by Shiro Miyatake (Tokyo Friends School)

マリア・ガザリ「モリスコ—17世紀初頭スペインから追放された宗教的少数派の生活と

悲劇」

同報告へのコメント 宮武志郎(普連土学園)


 15:00-15:10 Coffee break         休憩

 

 15:10-16:40 Martine Acerra (University of Nantes, France):

“La présence protestante dans la marine française avant et après la Révocation

de l’édit de Nantes. Aspects politiques et sociaux".

Commented by Katsumi Fukasawa

マルティヌ・アセラ

「ナント王令廃止前後のフランス海軍におけるプロテスタントの存在—政治的・

社会的諸側面」   

  >同報告へのコメント 深沢克己

 

 16:40-16:50 Coffee break                            休憩

 

 16:50-18:20 Shunsuke Katsuta (Gifu University):

“Possibilities of Religious Reconciliation in Early Nineteenth-Century Ireland”.  

Commented by Kei Nasu (International Christian University)

勝田俊輔「19世紀初頭アイルランドにおける宗教的和解の可能性」

同報告へのコメント 那須敬(国際基督教大学)

 

 18:20-18:30 Discussion and conclusion, by Katsumi Fukasawa

総括討論・今後への提案

 

 

 使用言語:英語(通訳なし、仏語報告のみ日本語通訳付)

 事前の申し込み等は不要です。

 

 科研ホームページ http://www.l.u-tokyo.ac.jp/sokokuyuwa/index.htm