仏文学研究室主催ワークショップのお知らせ(11月6日開催) 2010年11月6日開催


「20世紀フランス文学と写真」
    
フランス文学研究室主催のワークショップを開催いたします。
みなさま、ふるってご来聴ください。


日時:11月6日(土)
場所:東京大学文学部(本郷キャンパス)法文2号館中2階 教員談話室

プログラム

第1セッション:写真による文学の変容 13:30-15:10)
司会:澤田直(立教大学)
コメンテーター:滝沢明子(学術振興会特別研究員))
─「シュルレアリスムの反=写真的条件——肖像写真の使用法について」鈴木雅雄(早稲田大学))
─「プルーストと写真———印象、記憶、技術」 坂本浩也(立教大学))
─「〈逸話的自我〉——バルト『明るい部屋』再考」 塚本昌則(東京大学)

第2セッション:イメージ論の現在 15:20-17:00
司会:鈴木啓二(東京大学) コメンテーター:桑田光平(東京外国語大学)
─「ベンヤミン〈アウラ〉論の現在」 久保哲司(一橋大学)
─「サルトルのイメージ論——不在の写真論をめぐって」 澤田直(立教大学)
─「クロソウスキー——シミュラークルまたはイメージの終焉」 兼子正勝(電気通信大学)
 
第3セッション:写真はどのような媒体なのか 17:15-19:00
司会:塚本昌則(東京大学) コメンテーター:畠山直哉(写真家)
─「言葉にならない、あの感じ」 管啓次郎(明治大学)
─「写真を語るとは何か——報道写真研究と展覧の新動向」 今橋映子(東京大学)
─「写真への抵抗——現代小説と写真」 野崎歓(東京大学)


どなたでもご自由にご参加頂けます。
事前のお申し込み等は不要です。


フランス語フランス文学研究室