第二回東京大学文学部公開講座 「縄文人と動物たち」」(5月12日開催) 2012年5月12日開催


 

 

ポスター(PDF) 

 

第二回 東京大学文学部公開講座

縄文人と動物たち

 

縄文人は動物を土で形づくった。最も多いのはイノシシである。

かれらが好んで食べた陸獣はイノシシとシカだが、造形品にはシカが少ない。

一方、弥生時代になると、土器や銅鐸にシカが描かれるようになり、

イノシシは忘れ去られる。この逆転の理由は何だろうか。

 

【講 師】 設樂博己 教授 (考古学)

【日 時】 2012年5月12日(土) 14:00~15:30

【場 所】 東京大学本郷キャンパス法文2号館1番大教室

 

入場無料

事前申し込みの必要はございません。

満席の場合、入れませんのでご了承ください。

 

主催 東京大学文学部

問い合わせ: 文学部総務チーム shomu@l.u-tokyo.ac.jp