美術史学研究室講演会「ワシントンの若冲、アメリカの日本美術史」 2012年9月14日開催


美術史学研究室講演会「ワシントンの若冲、アメリカの日本美術史」

 

2012年9月14日(金)午後2時から5時

東京大学(本郷キャンパス)法文2号館1番大教室にて

講師 辻惟雄(MIHO MUSEUM館長、東京大学名誉教授) 「日本美術とアメリカ-私の個人的体験」

ユキオ・リピット(ハーヴァード大学教授)「ワシントンの「動植綵絵」展-アメリカにおける日本美術史研究の将来に向けて」

司会 佐藤康宏(東京大学教授)

 

東京大学文学部美術史学研究室主催で講演会を行います。今春ワシントンのナショナル・ギャラリーで開催され、評判を呼んだ若冲の「動植綵絵」の展覧会にちなみ、この展覧会の実現の経緯や関連する事情、ひいてはアメリカ合衆国における日本美術史研究というところまでを話題にしたいと思います。参加費無料。どなたでも御参加いただけます。