現代文芸論研究室・日本ユダヤ学会共催 アブラハム・B・イェホシュア講演会 2012年10月9日開催


東京大学文学部現代文芸論研究室・日本ユダヤ学会共催

 

アブラハム・B・イェホシュア
「イスラエルに生きる作家の《非文学的》現実」


日時:2012年10月9日(火)/16時~18時

場所:東京大学本郷キャンパス 山上会館2階201・202会議室


現代イスラエルを代表する作家の一人であるアブラハム・B・イェホシュア氏(1936-)の講演会です。イェホシュア氏はイスラエル北部のハイファ大学で長年ヘブライ文学と比較文学を教え、現在は同大学文学部名誉教授。初期には寓意性の強い短・中編を、70年代後半からは長編を発表。作品の多くが演劇化、映画化されています。講演会では、ヘブライ文学翻訳家の母袋夏生氏とともに自作の朗読も行われます。


※日本語通訳付き、入場無料、事前登録不要。ただし会場は50名程度の比較的小さな会議室ですので、万一、満席の場合は、立ち見をお願いすることもありますので、予めご了承ください。

 

詳細 現代文芸論研究室