現代文芸論研究室主催ブルーノ・シュルツの夕べ(生誕120年・没後70年記念) 2012年12月14日開催


2012年はポーランド語作家であり画家ブルーノ・シュルツ(1892-1942)の生誕120年、没後70年。映画好きだったとされるシュルツの短篇小説に関連する無声映画を鑑賞し、日本語訳者、工藤幸雄氏が所有していたオリジナルのガラス版画作品一点を公開する。

 

日時: 2012年12月14日(金)17時~19時50分

場所: 東京大学本郷キャンパス法文2号館1番大教室

 

・ 映画上映『奈落』(デンマーク、1910年)38分

・ ブルーノ・シュルツ「獣たち」(ガラス版画、多摩美術大学所蔵)1点公開

・ ブルーノ・シュルツ短篇(「七月の夜」、「書物」部分ほか)朗読

・ 解説・コメント

   和南城愛理、久山宏一、加藤有子

・ 対話

   +沼野充義

 

* 無料。事前予約不要。専門的関心をお持ちの皆様のご来場を歓迎します。

* 映画は英語字幕のみ。

 

協力: 小泉俊己(多摩美術大学)、ポーランド広報文化センター

 

詳細は 現代文芸論研究室