中欧文学の夕べ(現代文芸論研究室) 2013年3月2日開催


トカルチュク、アイヴァス、山崎佳代子を迎えて―朗読とトーク

 

2013年3月2日(土) 16:00-18:00

文学部法文2号館 1番大教室

 

3人のスラヴ圏からの作家・詩人が東京で出会う、ミニ・中欧文学フェスティヴァル。

ゲストたちがそれぞれ自分の作品を持ち寄って朗読し、日本での紹介者・翻訳者を交えて語り合う。

 

ゲスト:

・オルガ・トカルチュク(ポーランド)+小椋彩

  通訳:久山宏一

・ミハル・アイヴァス(チェコ)+阿部賢一

・山崎佳代子(セルビア・日本)+沼野充義

 

進行:加藤有子

 

※入場無料、予約不要

 

詳しくは、現代文芸論研究室(チラシ