第13回文化資源学フォーラム「酒食饗宴―うたげにつどう人と人」  2014年2月22日開催


第13回文化資源学フォーラム「酒食饗宴-うたげにつどう人と人」

 

日時:2014年2月22日(土)13:30~16:30

場所:東京大学弥生キャンパス 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー

ゲスト:〈敬称略・五十音順〉伊藤文彰(ルヴェ ソン ヴェール 東京 代表取締役、オーナーシェフ)、山本洋子(酒食ジャーナリスト、地域食ブランドアドバイザー)、綿抜豊昭(筑波大学図書館情報メディア系 教授

主催:東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室

後援:文化資源学会

※定員80名 入場無料(要申し込み/先着順)

 メールにて受付(bforum@l.u-tokyo.ac.jp)

※フォーラム終了後、懇親会「酒食饗宴 実践編」については、お申し込み後メールにてご連絡いたします。

 

開催趣旨

 「宴(うたげ)」という言葉を聞いて、みなさんはどのようなイメージを持つでしょうか。「うたげ」という日本語には「手を打って楽しむ」という意味があり、漢字の「饗」は「うたげす」と読んで、「ごちそうの両側に人がひざまずいて向かい合った様」を表しています。「シンポジウム」はギリシャ語で「共に飲むこと」を意味し、プラトンの『饗宴』にみられるように、そこに「討論し楽しむ」が加わりました。つまり、「宴」とはまさに飲食を介して人が向き合い、関係を築く場なのです。「宴」は古代から今日まで世界中で続く、人間にとってなくてはならない営みだといえるでしょう。

  一方で、わたしたちが生きる現代社会では、孤食や無縁社会など、希薄な人間関係が問題となってきています。いま、「宴」=ハレの日の共食を見直すことで、こうした状況に光があたるのではないでしょうか。

  「宴」は、いつもと違う食事の場だからこそ、何が起こるかわかりません。古来、「うたげす」る人は人々とともに楽しむために、何を食べるか、どう空間を演出するか、どのようにふるまうかなど様々に工夫を凝らし、知恵を絞ってきました。わたしたちは、〈宴の中の食〉〈演出される宴〉〈宴から生まれるかかわり〉といった視点から、これからの「宴」の可能性について考察していきます。

 

プログラム

13:00 開場/受付開始

13:30 開会

13:35 学生発表「宴のかたち」

14:00 綿抜豊昭 講演「加賀藩の饗応料理」

14:30 伊藤文彰 講演「フレンチレストランで宴を創る」

15:00 山本洋子 講演「米の酒を囲む宴 農、水、山をつなぐ」

15:40 シンポジウム「文化としての宴―思いを込める食、わかちあう食―」

16:30 閉会

 

ゲストプロフィール

伊藤文彰(ルヴェ ソン ヴェール 東京 代表取締役、オーナーシェフ)

フランスの料理学校や三ツ星レストランに学ぶ。現在、本郷・駒場・南大沢の3店舗を経営。大規模な結婚披露宴から記念日までの祝宴まで、顧客のニーズを汲んだコンセプトを、宴席の食で表現している。

 

山本洋子(酒食ジャーナリスト、地域食ブランドアドバイザー)

『オレンジページ』などの編集者を経て独立。地域食ブランドのアドバイザー、各県の地域活性会議などの委員を務める。全国に埋もれる郷土食探しがライフワーク。著書に『純米酒BOOK』がある。朝日カルチャーセンターで「楽しむ純米酒講座」開催。

 

綿抜豊昭(筑波大学図書館情報メディア系 教授)

近世文学・礼法、図書館学が専門。近著『包丁侍 舟木伝内』(陶智子と共著)では、加賀藩で供された大

名料理の紹介とともに、来客が7千人にも及ぶ荘厳な武家の御成での宴席の献立や、儀礼などが描かれている。

 

お申し込み

メールにてお申し込みください。

メールアドレス:bforum@l.u-tokyo.ac.jp

必要事項:(1)お名前 (2)フリガナ (3)ご所属 (4)メールアドレス (5)緊急連絡先(お電話番号)

※懇親会「酒食饗宴 実践編」については、お申し込み後メールにてご連絡いたします。

 

お問い合わせ

メールアドレス:bforum@l.u-tokyo.ac.jp

 

ウェブサイト

URL http://www.l.u-tokyo.ac.jp/CR/forum/forum13.html

Twitter、Facebookも随時更新しております。あわせてご覧ください。

Twitter http://twitter.com/drink_eat_meet

Facebook http://www.facebook.com/drinkeatmeet