ヴラジーミル・パペルヌイ博士「トルストイの神—ユダヤ=キリスト教と東洋の伝統を背景にした後期トルストイの宗教哲学における神の概念—」 2014年7月18日開催


東京大学文学部スラヴ語スラヴ文学・現代文芸論研究室特別講義

 

トルストイの神 ――ユダヤ=キリスト教と東洋の伝統を背景にした後期トルストイの宗教哲学における神の概念――

 

 

講師:ヴラジーミル・パペルヌイ博士(ハイファ大学/イスラエル)

 

日時:2014年7月18日(金) 午後4時40~6時20分

場所:東京大学文3号館7階スラヴ語スラヴ文学演習室(本郷キャンパス)

 

 

*講義はロシア語。通訳無し。

**事前予約不要。どなたでも聴講できます。

 

この講義は、科研費研究プロジェクト「越境と変容――グローバル化時代のスラヴ・ユーラシア研究の新たなパラダイムを求めて」の一環として行われるものです。

 

 

詳細:現代文芸論研究室