シンポジウム「世界文学村と愉快な仲間たち」 2016年2月28日開催


シンポジウム 

10代から出会う翻訳文学案内<新・世界文学入門> 沼野教授と読む世界の日本、日本の世界

世界文学村と愉快な仲間たち

 

日時 2016年2月28日(日) 午後2時~5時

場所 東京大学文学部法文2号館1番大教室(本郷キャンパス)

※入場無料、予約不要。万一満席の場合は、立ち見をお願いすることもありますが、予めご了承ください。

 

現代の世界文学は、あまりに多様で、また膨大だ。しかも、まだ道も地図もできていない、この未踏の沃野に大胆に踏み込んでいく現代文芸論研究室のつわものたち。またここに世界中から集まってくる若手日本研究者たち。その両者のまなざしがクロスし、火花を散らす。

膨大な現代世界文学を前にして、何から読めばいいのか、途方に暮れている老若男女、10代から80代のために、タフで華麗で心優しき案内人たちが集います。

 

司会 沼野充義

 

<第一部 日本から世界へ> 午後2時~3時20分

柳原孝敦(ラテンアメリカ)

阿部賢一(チェコ)

亀田真澄(クロアチア・セルビア)

奈倉有里(ロシア)

 

<第二部 世界から日本へ> 午後3時40分~5時

アメリカ、中国、韓国、カザフスタン、ポーランドなどからやってきた若き日本研究者たちが、日本の若者たちが気づいていない、日本文学・文化の面白さについて熱く語り合います。芭蕉、太宰治、石川淳、小島信夫から、大江健三郎、村上春樹、多和田葉子まで!

登壇者:ライアン・モリソン(アメリカ)、邵丹(中国)、鄭重(中国)、ウッセン・ボタゴズ(カザフスタン)、ソン・ヘジョン(韓国)、エルジュベタ・コロナ(ポーランド)

 

問い合わせ先

東京大学文学部現代文芸論研究室

e-mail: genbun@l.u-tokyo.ac.jp

 

主催:一般財団法人出版文化産業振興財団(JPIC)

協力:東京大学文学部現代文芸論研究室、一般財団法人光文文化財団 

協賛:光文社

子どもゆめ基金(独立行政法人青少年教育振興機構)助成活動