ダグマール・アイヒベルガー教授講演会 2017年2月17日開催


講演者: ダグマール・アイヒベルガー教授(ハイデルベルク大学)

          Prof. Dagmar Eichberger (Univ. Heidelberg)

 

演題: "GRATIA SOLA DEI (1568). Image and Text in a musical Manuscript for the Wedding of Renata of Lorraine and William V of Bavaria."

 

 

日時:2017年2月17日(金) 18:00~19:30(予定)

場所:東京大学本郷キャンパス 赤門総合研究棟7階738号室

使用言語:英語(英文テクスト配布予定)

 

ハイデルベルク大学のダグマール・アイヒベルガー教授の講演会を開催いたします。

アイヒベルガー先生は、ドイツおよびネーデルラントの初期近世美術を専門とされ、ネーデルラント総督オーストリアのマルガレーテの宮廷やその美術コレクションについてのご研究、デューラーの美術についての斬新な視点の提示などにより、広く知られています。

この度、本学でもご講演いただけることとなりました。

今回は、16世紀後半のミュンヘンにおける君主の結婚式の際に制作された装飾楽譜をめぐってお話しくださる予定です。

会場の都合により、参加をご希望の場合、恐れ入りますが、下記アドレスまでご参加の旨、

メイルをいただけますようお願いいたします(メイル送信先:artist@l.u-tokyo.ac.jp)。

 

主催:美術史学会/科学研究費補助金基盤研究(B)

「宮廷と美術に関する比較美術史学的研究」(26284023)(研究代表者:秋山聰)