第38回心理学研究室セミナー(羽倉信宏先生) 2018年1月15日開催


文学部心理学研究室では,第38回心理学研究室セミナーとして以下のような講演会を開催しますので,ふるってご参加下さい。

なお,講演内容は大学院生以上を想定しております。

 

第38回心理学研究室セミナー

日時 2018年 1月15日(月) 午後5時から

場所 法文1号館 3階312教室

 

【講師】 羽倉 信宏 (脳情報通信融合研究センター)

 

【演題】 「運動行為が創りだすヒトの知覚・認知」

 

【要旨】

外界から入力される感覚情報処理の結果である知覚/認知と、外界に向かって出力を計画・実行する運動行為は、それぞれ独立に処理過程が研究されてきた。このような研究スタイルの歴史からか、伝統的に運動行為は「知覚・認知の結果を反映するためだけのチャネル」としてみなされることが多く、知覚や認知の研究対象から除外されてきた。果たして、脳が運動を作り出すための処理は、ヒトの知覚・認知とは無関係なのだろうか?このような考え方に反し、私たちはこれまで、運動の準備、観察、実行など、運動行為に関わる情報処理が、ヒトの知覚・認知・意思決定を変容させることを示してきた。本セミナーでは、「運動行為が知覚・認知を「創りだす」」例を、これまでの研究成果を軸に紹介する。