集英社高度教養寄付講座 第9回講演会
高度教養教育の現状と課題
 2017年6月4日開催


ひとが身に付けるべき「高度教養」とは何なのでしょうか?古く中国では「礼・楽・射・御(馬術)・書・数」の「六芸」。中世ヨーロッパの大学では「文法・修辞学・論理学」(初級3科)に加え「算術・天文学・幾何学・音楽学」(上級4科)の「自由七科」が課せられました。その伝統は現在、どのような形で受け継がれているのでしょうか。

アメリカから日本美術研究の最先端を行くユキオ・リピットさんをお招きするとともに、文学部から熊野純彦さん、マリアンヌ・シモン = 及川さん、集英社高度教養寄付講座から古井戸秀夫が加わり、それぞれの立場から教養教育の現状毎報告するとともに、その課題について討議します。


講演者 ユキオ・リピット (ハーヴァード大学教授)
熊野純彦 (東京大学文学部教授)
マリアンヌ・シモン=及川 (東京大学文学部准教授)
古井戸秀夫 (東京大学文学部特任教授)
日時 2017年6月4日(日)
午後2時~4時30分(開場1時30分)
場所 東京大学本郷キャンパス
文学部法文二号館2階 一番大教室
交通 地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目」、
南北線「東大前」下車、徒歩10分
住所 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

どなたでも参加いただけます。入場無料ですが、事前に予約が必要です。下記の専用フォームからお申し込みください。

https://www.l.u-tokyo.ac.jp/shueisha-kouza-09/form.html

多くのご参加をいただきありがとうございました。

お問い合わせ先:shueisha@l.u-tokyo.ac.jp 東京大学文学部集英社高度教養寄付講座