グローバルCOEプログラム 死生学の展開と組織化

〒113-0033東京都文京区本郷7-3-1
Tel 03-5841-3736
Fax03-5841-0259
お問い合わせはこちら
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/shiseigaku/
概要
構成
今後の予定
活動報告
出版物
お問合せ先
関連サイト
内部用

グローバルCOE「死生学の展開と組織化」の課題と目標

拠点リーダー 島薗 進                    

 死生学は新しい学問である。それはまず医療と人文・社会系の接点で求められている。現代の病院は死に往く人々のケアに多くの力をさかねばならないが、自然科学的アプローチによる近代医学の枠内ではその方法がわからない。1960年代から欧米ではホスピス運動が急速に広がり、死に直面した患者や家族のニーズに応えるための死生学の教育・研究が進められるようになった。

 生命倫理に関わる多くの問題が噴出してきたのも同時期である。臓器移植や体外受精や遺伝子診断が可能になり、これまではとても克服できなかった困難を超えて、人々の欲求を充たすことができる可能性が大幅に増大しつつある。だが、医療がその力を強めていく一方で、どこで医療の介入に限界線を引くのかという難しい問題に直面するようになってきた。このため医療臨床と医学研究の現場では日常的に死生観に基づく倫理的判断が問われるようになっている。



最新ニュース (Last Updated 2007/12/04 )

EVENT  講演会「生と死をめぐる映画上映会T ひめゆり」  のお知らせ
EVENT  講演会「ニック・ザングウィル教授講演会」  のお知らせ
EVENT  冬季セミナー <医療・介護従事者のための死生学>  のお知らせ
EVENT シンポジウム「国際シンポジウム 死生と造形文化I
 『聖遺物とイメージの相関性 −東西比較の試み』」
 のお知らせ
EVENT グローバルCOEプログラム「死生学の展開と組織化」 が始まりました。

All rights are reserved. © 2002-2007