グローバルCOEプログラム 死生学の展開と組織化
東京大学大学院人文社会系研究科グローバルCOE研究室

〒113-0033東京都文京区本郷7-3-1
Tel 03-5841-3736
Fax03-5841-0259
お問い合わせはこちら
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/shiseigaku/
HOME
概要
構成
今後の予定
活動報告
出版物
お問合せ先
関連サイト
内部用

シンポジウム 死生学と生存学


【日時】 2009年9月6日(日) 13:00〜17:30(受付は12:30から)
【場所】 東京大学本郷キャンパス
鉄門記念講堂(医学部教育研究棟14階)
【主催】 東京大学グローバルCOEプログラム「死生学の展開と組織化」
立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点
【申込】 事前申し込み不要、入場無料です。
先着順にお座りいただけます (座席数:約300)




【プログラム】 (小さなあるいは大きな修正・変更がある場合があります。)
開会の挨拶 13:00〜13:05
第1部 現況 13:05〜13:50(45分)
          
立岩 真也 (立命館大学)
「論点と論点はあるが通過されるという現況について」 15分         
          
清水 哲郎 (東京大学) 15分  
「治療の差し控えと中止の臨床倫理」

・質疑・討議 15分
第2部 死生を学ぶ? 13:50〜14:45(55分)

大谷 いづみ (立命館大学) 報告 20分
「パッケージ化される「よき死」の作法」  

島薗 進 (東京大学) 報告 20分
「死生学の実存的・文学的(詩的・美学的)な側面について」

・質疑・討議 15分
第3部 「現場」からの提起 14:45〜15:35(55分)

・鈴木 義彦  (松戸市立病院救急部)報告 20分
「意思表示困難な高齢者における救急医療・集中治療・延命治療」

川口 有美子 (立命館大学)報告 20分
「意思表示が困難になりゆくALSにおける「生死をわけるプログラム」」

・質疑・討議 15分

・休憩(10分)
第4部 「哲学・倫理学」からの応答 15:45〜16:15(40分)

*ここまでに提出された論点に対する応答
福間 聡 (東京大学) 20分
「哲学・倫理学からの応答 1」

堀田 義太郎 (立命館大学) 20分
「哲学・倫理学からの応答 2」

総合討議・質疑応答 16:20〜17:30(70分) 全員


◆参考資料

◇大谷 いづみ 20090501 「「尊厳ある死」を望むこと」,『福音と世界』2009-5:44-45
http://devita-etmorte.com/archives/oi090501.htm

◇川口 有美子  20090625 「意思 伝達不可能性は人を死なせる理由になるのか」,『福祉労働』123:28-35
http://www.arsvi.com/2000/0906ky04.htm
 「違法性なく死なせられるかという議論の前に、「伝えたくない人」との信頼 を築くための介護技術と支援を確立しなければならない。」この続きの話をした いと思います。(報告者より)

グローバルCOEセミナー〈医療・介護従事者のための死生学〉基礎コースの正規参加者には
 参加シール(死生学トピック)を受付で配布します。当日参加証をご持参ください。
*詳細について随時情報を掲載しますのでご覧ください。





All rights reserved. © 2002-2009